バナースタンド製作のスエードについて

バナースタンドを利用する方法としては、宣伝広告として利用したり案内として利用するおかにインテリアのように画像を展示する役目などがあります。画像をスクリーンで使用する場合は、やはり使用する素材にもこだわる必要がでてきます。スクリーン自体に上品な肌さわりや高級感などを持たせたいのであれば、化学繊維生地の種類としてスエードがおすすめです。ポリエステル素材でできており、生地自体はやや薄めのタイプとなります。特徴としては生地自体に光沢があるので、スクリーン製作を行った際に贅沢感が表現できます。また印刷した面がとても美しい仕上がりになるのも特徴です。イベント会場のなかでも美術展や絵画展のほか、宝石店などのジュエリー広告などに使用すると、スクリーンに印刷した画像が光沢があり高級感を表現できてとてもよいです。

バナースタンド製作の2類ターポリンについて

バナースタンド製作をする際に考えなくてはいけないのが利用方法になります。屋内に設置して使用するのか屋外に設置するのかによって、スタンドタイプのほかにスクリーンとなる素材なども選ぶ必要があります。とくに屋外の場合は設置場所や地域によっては風の対策や雨などが降った場合の対処法なども必要になります。バナースタンドの場合は設置のほかに撤収するのも簡単なので、雨が降ってきてもすぐに片づけられる特徴がありますが、スクリーン素材のなかにも雨などの耐久性に優れた素材があります。それがビニール生地の1つで2類ターポリンです。ビニース生地の中でも高い撥水効果のあるタイプになります。また生地自体も厚めな素材になるため、耐久性などにも優れています。別の名前でテント生地などと呼ばれているのが2類ターポリンであり、屋外に設置することがおおいスクリーンに使用するのにおすすめな素材です。

バナースタンド製作のユポ紙について

バナースタンドを製作するうえで重要なのが、スクリーンとなる宣伝広告部分がどれだけ人の目を引くカという点があります。いくら使用していても気にとめてもらえなければ、宣伝効果は薄れてしまい使用している意味がなくなってしまいます。そのためスクリーンを製作する場合はデザインのほかに、発色などがよい素材を選ぶことが重要です。発色効果のある素材としては合成紙がありますが、その中でも光沢感がしかりありフルカラーの色を全て綺麗にみせることができるのがユポ紙になります。ユポ紙自体はやや厚みのある生地で、耐久性などにも優れている素材です。また紙と呼ばれる素材ではありますが、光沢と同時に耐水性にも優れた特徴をもっています。そのため屋内に展示するバナースタンド以外にも、屋外でも安心して使用することができスクリーンのデザインが映えるものを製作することが可能です。

記者会見で使用される大型バックボードの取扱が多数御座います。 バナースタンド累計販売台数10万台超!国内での実績No.1企業です! 当社はバナースタンドを各種豊富に取り揃えており、日本全国を対象として通信販売をさせて頂いております。 持ち運びに適した携帯式のバナースタンドも多数取り扱っております。 バナースタンドの製作は種類豊富なこちらへ